Blog on Duty of Care 海外における企業の安全配慮義務

海外渡航安全対策:働く女性のための安全のヒント

female.jpg


インドで複数の暴行事件が発生して以来、女性渡航者の安全性について世界各国のニュースで数多く取り上げられるようになりました。近年、女性出張者は急激に増加しており、企業は女性出張者や駐在員の安全を確保するためのサポートやアドバイスを必要としています。 

海外ではすべての渡航者が従うべき一定のルールがありますが、女性渡航者だからこそ遭遇する治安上の脅威も存在します。女性は弱者と見られるがゆえにターゲットになりやすく、一般的に男性渡航者に比べてハイリスクとなります。特に女性がターゲットになりやすいものとして、セクハラ、性的暴行、バッグのひったくりなどがあります(「ひったくり」は、さほど深刻なことではないと見られがちですが、大きな問題に発展する可能性があります)。 

渡航先のリスクの分析と評価:

企業や団体は、世界中のどこであっても、女性社員を含む全社員が渡航する地域のリスクを評価・分析し、リスクの軽減方法を知っておく必要があります。 

社員の渡航前教育:

専門家による治安情報と渡航リスクの教育プログラムを通じて、現地の状況に応じた準備ができるよう渡航者をサポートし、状況が悪化した場合の対応方法を検討しておく必要があります。 

現地でのきめ細かなアドバイス:

世界中どこにいても、いつでも、現地社員のサポートができる体制を構築する必要があります。 

ハイリスク地域への渡航者とのコミュニケーションと追跡:

特にハイリスク地域においては、社員がいつでも最新情報を入手し、有事に備えられるよう万全のサポート体制を整える必要があります。 

渡航前の準備をしっかりと行い、不慣れな海外では滞在中の支援を充実させることで、時間的なロスや生産性を落とすことなく、ビジネス目標を達成することができます。

2014年に行われたインドの総選挙で、3つの政党すべての候補者が表向きは女性の安全に関する問題を取り上げましたが、女性渡航者は今後もなお、常に潜在的な渡航リスクを念頭に、我が身を守る方法を知っておかなければなりません。

インターナショナルSOSは、海外で活躍される企業や
その社員の方々に医療とセキュリティのアシスタンスサービスを
提供しています。詳細は下記webサイトをご覧ください。
http://www.internationalsos.co.jp/

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care