インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

エボラ出血熱 対策と予防
HOME > エボラ出血熱 対策と予防

エボラ出血熱 対策と予防

エボラ出血熱はウィルスにより発病します

エボラ出血熱はウィルスにより発病します
  • 出血を伴う致死率が非常に高い極めて危険な感染症
  • 予防のためのワクチンは存在せず、治療は対症療法のみ
  • ひとりが感染した際に、適切に対応しないと次々と
    2次感染を引き起こす

  • 適切な予防を行えば、エボラウイルスの感染は防げます。


エボラ出血熱を防ぐために

エボラ出血熱を防ぐために
  • 早期の段階に専門病院で治療を受けることが大切です
  • 処置が遅れるとそれだけ悪化のリスクが増大します
  • 遺体に接触することは感染する原因となるため、
    遺体に接触しないことが重要です


企業におけるエボラ出血熱 対応策

  • 流行している国の事業所で、症状がある社員が出社した場合の対応は?
  • 社員の懸念には、どのように対応しているか?
  • 日本国内でも各種の状況の想定を
    例:感染地域に渡航した社員が体調を崩した場合 / 体調を崩している社員が出社した場合

企業におけるエボラ出血熱 対応策

平時より対策を備えておくことが大切です。

  • ■危機管理計画を見直す
  • ■感染症対策を見直す
  • ■自社の医療リスクを評価する
  • ■社員に情報を伝達する


エボラ出血熱の最新情報を提供しています。

インターナショナルSOSジャパンではエボラ出血熱に関する情報提供やセミナーを開催しております。

また、法人のお客様向けに主に海外での医療とセキュリティに特化したアシスタンスサービスを提供しています。
世界89ヶ国、700か所に拠点をおき、世界中で活躍する海外出張者、駐在者の皆様をサポートしています。

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care Travel Risk Map 2016 国別の医療リスクと渡航リスクを評価した世界地図 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム ミャンマー