インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

インターナショナルSOS、新ブランド Aspire(アスパイヤー)を発表

報道関係者各位

ブランドロイヤリティ、コンシェルジュ、アシスタンスソリューションの分野で世界をリードするライフスタイルブランド

 

2013年4月3日(シンガポール)-インターナショナルSOS (本社:シンガポール・ロンドン、CEO:アーノルド・ヴェシエ)は本日、新ブランド"Aspire Lifestyles(アスパイヤー・ライフスタイル)"を発表いたします。

Aspire Lifestylesは、ロイヤリティ、コンシェルジュ、アシスタンスソリューションの分野で世界を牽引する有力企業3社(インターナショナルSOS <活動地域:世界>、VIPdesk <アメリカ合衆国およびイギリス>、EMSM <韓国>)による戦略的な合併により誕生しました。"Aspire"とは英語で「熱望する、垂涎する」を意味しており、新ブランドの使命として、顧客企業 のブランド価値をより高めるために、革新的なサービスを創造し提供することを掲げています。

インターナショナルSOSは、30年近くに渡るロイヤリティ、コンシェルジュ、アシスタンス分野での経験と技術を活用し、細やかにカスタマイズされ たサービスを提供します。Aspire Lifestyles では、900名以上の熟練したコンシェルジュおよびブランドアンバサダーが、世界19拠点のコンシェルジュセンターに配置され、24時間体制のサービス提 供と90以上の言語および方言への対応を可能にしています。

Aspire Lifestylesは、金融機関、保険、ホスピタリティ、ロイヤリティ業界の企業を対象に、当社が持つグローバルネットワークを活用したBtoBのプロ グラムを提供します。エンドユーザーは6,000万名以上にのぼり、地域に密着したサービスが世界規模で提供されています。当社のインフラおよびサービ ス・デリバリー・プラットフォームはPCI DSS*に準拠し、2013年3月には「CIO Asia」により「CIO Award」を受賞しました。

*PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard):加盟店やサービスプロバイダにおいて、クレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として国際カードブランド5社 (American Express、Discover、JCB、MasterCard、VISA)が共同で策定したセキュリティ基準。

Aspire Lifestylesのグループ・ゼネラル・マネージャーのブライアン・ルーは次のように語っています。「当社はブランド経験の創出のため、これまで3年 以上もの間、人材、業務プロセス、テクノロジーに多大な投資を行ってきました。Aspire Lifestylesがエンドユーザーの期待を遥かに超えた独自のサービスを提供することによって、顧客企業のブランドに対するエンドユーザーの意識が更 に好ましい方向へ変わっていくこと、また顧客企業とエンドユーザーの関係がより有意義なものに育っていくことを確信しています。」

Aspire Lifestylesサービス例

・ 空港VIPサービス:ラウンジ、ファーストトラック、送迎サービス等
・ グローバルアシスタンス:緊急トラベル・医療アシスタンス、医療アドバイス等
・ オンライン渡航情報:都市情報提供、医療事情提供等
・ 多様化するニーズに最適化された新しいコンセプトのコンシェルジュサービス

Aspire Lifestylesについて

当社は30年の間、世界中の卓越した企業に信頼され、ブランド・ロイヤリティ、コンシェルジュ、アシスタンスソリューションの差別化を実現してきました。Aspire Lifestylesのサービス詳細については、ウェブサイトwww.aspirelifestyles.comをご覧ください。

インターナショナルSOSについて

インターナショナルSOS (http://www.internationalsos.co.jp/) は世界最大手の医療およびセキュリティサービス会社です。76カ国に700カ所以上の拠点をもち、1,100人の医師と200人のセキュリティ・スペシャ リストが率いる10,000人の従業員を擁しています。当社のグローバルなサービスには、医療および危機対応計画、未然防止プログラム、現地情報提供など があります。フォーチュン500社の70パーセント以上がクライアントであり、渡航者、海外駐在員、帯同家族の緊急対応を実施しています。

本件に関するお問い合わせ先

インターナショナルSOS ジャパン株式会社
バンキング&コンシェルジュ 広報担当
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂4 丁目2 番6住友不動産新赤坂ビル11階
電話: 03-3560-8161

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム ミャンマー