インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

ネパールへ緊急事態対応チームを派遣: 医療と安全のアシスタンスサービスを展開

医療とトラベルセキュリティアシスタンスサービスを全世界の会員企業に提供するインターナショナルSOSとビジネスリスクのコンサルタンシーを提供するコントロール・リスクスは、ネパールの地震発生後、共同で現地に滞在する会員企業社員を医療と安全面から支援するため緊急事態対応チームを派遣しました。

Nepal.png

インターナショナルSOS/コントロール・リスクスのアジアパシフィック地区担当セキュリティディレクターのグラント・ストラドウィックは、以下の通り語っています。

 『私たちは、多国籍企業、NGO、教育機関など会員企業/団体の駐在員や海外出張者の医療と安全を配慮し、安心して事業展開が出来るよう、24時間365日体制で情報と支援を提供しています。カトマンズでは飲料水や食料品が不足しており、医療機関も混乱に見舞われています。続く余震により交通網や宿泊施設も十分な確保が困難な状況です。』

インターナショナルSOSは、ネパールへの渡航はすべて取りやめるようアドバイスします。既に滞在中の方でも、滞在目的が必須でなければ帰国するようにしてください。

カトマンズ渓谷からの移動は空路のみを使用してください。都市間の道路状況は、がれきや破損した道路、地滑り、雪崩や、予想される悪天により移動が困難あるいは不可能な状況です。避難所の情報や具体的な避難に関しても、救急隊員の指示に従ってください。

会員企業は、世界27箇所に拠点をおくアシスタンスセンターや会員専用アシスタンスアプリからいつでも最新のネパール状況を確認することが可能です。

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム ミャンマー