インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

ネパールへのトラベルリスクアドバイスを発表

5月12日に再び発生したマグニチュード7.3の地震と引続く余震により、ネパールは現在も予断を許さぬ状況です。

Nepal2.jpg

医療とトラベルセキュリティアシスタンスサービスを全世界の会員企業に提供するインターナショナルSOSとビジネスリスクのコンサルティングを提供するコントロール・リスクスは、ネパール近郊の状況について以下の通りアドバイスします。

 『カトマンズのトリブバン国際空港(KTM)とエベレストベースキャンプ近郊の空港は稼動していますが、ネパール出発便の予約は非常に取りにくい状況にあります。

インターナショナルSOSとコントロール・リスクスは、会員企業の皆様の商業便の予約手配の代行や、チャーター便の手配をすることができますが、チャーター便の手配には、フライトのクリアランスに当局の承認が必要な場合もあり、すべてのフライトが承認されているわけではないのが現状です。

会員企業の皆様へは、地震による最も深刻な被害を受けている地域への不要不急の渡航は延期をするようアドバイスしています。

どうしても渡航が必要な際は、自身の安全確保のために現地の状況を十分に事前に把握し、無事に旅程を終えられるよう準備を怠らないでください。

また、被災地周辺の滞在者は移動経路の安全と、万が一続く余震、地滑りや破損した道路などによる被害を避けるため十分なサポート体制がとられているか必ず確認をしてください。』

 会員企業の皆様は、世界27箇所に拠点をおくアシスタンスセンターや会員専用アシスタンスアプリからいつでも最新のネパール状況を確認することができます。

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム