インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

【第19日本渡航医学会学術集会、ランチョンセミナー開催のお知らせ】渡航者のメディカルおよびとラベルセキュリティリスク

海外進出をしている企業にとって直面する問題のひとつに、赴任する従業員の健康管理と治安への不安が挙げられます。国内とは大きく事情が異なる環境下で感染症、病気や怪我だけではなく現地の災害、犯罪、紛争等に巻き込まれ、人材と費用の双方に想定外に負担がかかるケースも少なくありません。企業は渡航先特有のリスクを理解し従業員が保護されるよう配慮するだけではなく、事前に赴任前・渡航中・帰国後のケアを考慮しておくことが重要といえるでしょう。

インターナショナルSOSは、第19回日本渡航医学会学術集会において、実際に起こった最近のケースを分析しながら、海外での健康管理やリスク管理のポイントについてご紹介すると同時に、海外赴任者や出張者を派遣する際の安全管理上の注意事項や企業として配慮すべき様々な点についてご紹介します。

******************************

日   時: 7月25日(土) 12時~13時

会   場: 東京女子医科大学 臨床講堂2

プログラム: 『渡航者のメディカルおよびとラベルセキュリティリスク』

座長 山本 秀樹医師(帝京大学)

講演 安藤 裕一医師(インターナショナルSOSジャパン メディカルディレクター)

   福間 芳朗(インターナショナルSOS/コントロール・リスクス セキュリティディレクター)

*ご参加には、当日8時30分より弥生記念講堂前ホワイエ内で配布される整理券が必要です。

参加登録: 有料

定   員: 100名

主   催: 一般社団法人日本渡航医学会

→  ご参加申し込みおよびお問合せはこちら               

渡航ロゴマーク.jpg

 

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム