インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

関西経済連合会後援セミナー『国際テロ情勢をふまえて-ケーススタディで学ぶ医療と渡航安全対策』開催のお知らせ

Seminar.jpg

世界各地で起きるテロ事件、凶悪犯罪の脅威、政情不安の高まりなど、世界情勢の不安定さが増す中、国際的に事業を展開する企業には、どのような準備と対策が求められるのでしょうか。

本セミナーの第1部では、公安調査庁の近畿公安調査局長にゲストスピーカーとして登壇いただき、最新の国際テロリズム情勢についてお話をいただきます。

第2部では、「海外で爆弾テロ事件発生」というシナリオをもとに、企業に求められる安全・渡航リスク管理を考えるワークショップを実施します。医療と渡航安全対策のアシスタンスサービスを世界90カ国1000カ所の拠点から提供する当会会員のインターナショナルSOSジャパンからは、現役のフライトドクター兼日本のメディカルチームを率いる医師と渡航安全管理のスペシャリストが、また世界有数の法律事務所であるベーカー&マッケンジー法律事務所の弁護士をゲストに迎え、第一線の事例を用い、医療・渡航セキュリティ・法務の対応を学びます。 

治安・医療水準の異なる世界各地で、予期せぬ状況・事件に遭遇するリスクをいかに軽減し、そして万が一発生してしまった場合に迅速かつ適切に対処する準備が社内で整っているか、また自社が安全配慮義務を遵守しているかを確認する新たな機会として、経営者、人事・法務担当者、安全管理担当者の皆様にぜひご参加いただけますようご案内申し上げます。


セミナー詳細

テーマ 『国際テロ情勢をふまえて-ケーススタディで学ぶ医療と渡航安全対策』

第1部 講演 14:00-15:00
・佐藤 裕一氏(公安調査庁 近畿公安調査局長)

第2部 ワークショップ & 質疑応答 15:00-16:15 
・村主 知久氏(ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)
                       弁護士・カリフォルニア州弁護士)
・葵 佳宏氏(インターナショナルSOSジャパン メディカルダイレクター)
・黒木 康正氏(インターナショナルSOS/コントロール・リスクス
                    リージョナルセキュリティマネージャー)

日時:2017年12月1日(金)14:00~16:15(13:45受付開始 )

会場:大阪産業創造館 6階 会議室A・B(〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5)
https://www.sansokan.jp/map/

参加費:無料(定員に達し次第締切となりますので、お早めにお申込みください)

対象者:経営者、人事担当者、安全管理担当者、法務担当者、産業医の方など

主催:インターナショナルSOSジャパン株式会社

後援:公益社団法人 関西経済連合会

お申込み方法
下記リンクより必要事項を入力のうえご登録ください。定員に達し次第、お申込みは締切とさせていただきます。

お申込みフォーム:http://learn.internationalsos.com/JPN_Seminar_20171201



問い合わせ先:インターナショナルSOSジャパン株式会社  法人営業本部
TEL:03-3560-8400  E-mail:Tokyosales@internationalsos.com

 | 
Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム ミャンマー