インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

プロフェッショナルファームと渡航アシスタンスサービスの提携は業界初

海外出張や駐在に伴う医療・セキュリティ・税務・出入国管理の問題を包括的にサポート

KPMG_INTLSOS.jpg

医療と渡航安全の統合ソリューションを世界中のクライアント企業に提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役マーク・アタウェイ)は、英国のKPMGとの業務提携を発表しました。

インターナショナルSOSと英国のKPMGは、企業の渡航リスクマネジメントプロセスの合理化を総合的にサポートすることを目的として、提携契約を締結しました。本提携では、インターナショナルSOSが高品質の医療、セキュリティ上のアドバイスやアシスタンスを、KPMGは出入国に伴う税務、社会保障、出入国管理、人事に関する専門知識などを提供します。短期および長期の海外出張や駐在に伴う渡航リスクに対し、適切かつ効率的にサポートできるようになります。


英国のKPMGのグローバルモビリティサービス部門責任者であるMarc Burrows氏は次のように述べています。「私たちは今回の業務提携を大変喜ばしく思っております。この提携によって、渡航時のリスクおよび法令順守義務についての管理方法の改善と、それを引き続き有効に機能させていくプロセスを、お客様に対して包括的なサービスとして提供できるようになります。グローバル化の進展に伴い、社員の海外出張は増加しています。一方で、雇用主は各国当局による厳しい監視を受けており、社内からも法令順守および安全配慮義務の管理が強く求められているからです。」


インターナショナルSOSの最高営業責任者(CCO)であるPhilippe Maezelleは次のように述べています。「私たちはこれまでもKPMGと緊密に連携してきましたが、今回正式に提携を結んだことで、さらに効果的なプロセスをお客様に提供することができます。こうした渡航リスクマネジメントに関する総合的な業務提携は業界初です。渡航リスクが複雑化する世界において、人事管理や財務上の多くの課題を総合的にサポートしていくことができるようになります。グローバル企業の海外出張管理全般において、渡航リスク、法令順守、安全配慮義務を支える私たちのサービスと技術をより活かしてもらえるよう努めてまいります。」


インターナショナルSOSは英国のKPMGとともに、海外出張や駐在など、業務渡航に関わるマネジメントプロセスを包括的にサポートしていきます。本提携は、まず欧州に本社を持つ企業を対象とし、順次世界に展開していく予定です。

 

インターナショナルSOS について

インターナショナルSOS ( http://www.internationalsos.co.jp )は、医療と渡航安全の統合ソリューションを、世界で事業を展開する企業・国際機関・各国政府機関に提供しています。世界90ヵ国1000ヵ所に拠点を持ち、11,000名以上のスタッフを有しています。5,200名の医療従事者及び2,300名のセキュリティスペシャリストを含む、高度な専門知識と国際ネットワーク基盤をもとに、渡航リスクを予防するプログラムと、重病、事故、社会不安時における緊急アシスタンスサービスを提供しています。世界中のどこであっても出張者・赴任者の健康と安全を支えることで、安全配慮義務の履行と事業継続計画の支援をし、企業のビジネスレジリエンス(ビジネス危機管理能力)をサポートします。


KPMG について

KPMGは、監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するプロフェッショナルファームのグローバルネットワークです。世界154の国と地域のメンバーファームに約200,000名の人員を擁し、サービスを提供しています。
KPMGネットワークに属する独立した個々のメンバーファームは、スイスの組織体であるKPMG International Cooperative ("KPMGインターナショナル")に加盟しています。KPMGの各メンバーファームは、法律上独立した別の組織体です。
英国のKPMGは同国の有限責任事業組合で、英国内の22ヵ所の事業所で約14,500人のスタッフとパートナーが業務を行っています。

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム