インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

『渡航者追跡ソリューションガイド』ダウンロード

経済のグローバル化が進展する中、従業員層の多様化と分散化が進み、ますます海外とのつながりの中で働く社員が増えています。 

海外駐在や出張など、国境をまたいで働く社員のいざというときの安全や健康を守る仕組みは十分でしょうか?

渡航先のリスクを事前に知っておきたい、重大な事件や事故が発生したときに、リアルタイムで 社員の所在地を把握したい、すぐに安否を確認したいなど、社員の安全を守る立場にある方々のニーズは様々です。平時から備えておけば、不測の事態が起きた際も迅速に対応することができます。

自社のニーズに合ったソリューションを選ぶ際の参考になるように、市場に提供されているさまざまな渡航者追跡ソリューションと、企業が重視する機能を、調査に基づいて紹介し、考慮点やアドバイスをまとめた資料をご用意しました。ぜひご一読ください。

ガイドブックのダウンロードはこちらから


 

「情報提供および追跡ツール」とは

渡航者追跡の技術は、2000年ごろから使用されてきました。21世紀のデジタル技術の発達とともに、それは高性能かつ強固なツールへと変貌を遂げました。旅程、個人情報、各国固有のデータといった多様なソースのデータを統合し、出張者や駐在員など海外で働く社員をリアルタイムで追跡することができるようになりました。不測の事態が起こった場合は、社員の所在を確認したり、社員との連絡や支援を行うこともできるようになっています。また、海外出張・駐在の全体的な傾向をモニタリングするためにも使用されています。

調査概要

調査名:渡航情報および追跡ソリューションの使用経験に関する調査

調査実施期間:2017年5月~8月

調査対象:社員の安全を守る責任を持つ担当者・関係者(全世界28業界)

有効回答数:446名

調査実施機関:Ipsos MORI

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム