インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

ラマダン期間を健康に過ごすためのアドバイスと交通安全について

医療と渡航安全の統合ソリューションを世界中のクライアントに提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役マーク・アタウェイ)は、5月6日から6月4日まで続くラマダン期間を健康的に過ごすためのアドバイスとして、従業員に対して健康的な日常活動を推奨する重要性を強調するとともに、交通安全に関する注意喚起をしています。

インターナショナルSOSでアシスタンスセンターのメディカル・ディレクターを務めるFiras Ayash医師は、ラマダン期間のリスク軽減に向けて個人や雇用主が講じることができる具体的な対策について次のように語っています。

「企業・団体は従業員に対して、ラマダン期間もバランスの取れた食事を維持し、十分な水分補給、定期的な休養および運動を行うことを指導する必要があります。そして断食を行う人々は、体重、血圧、血糖値、コレステロール値などをラマダン前に確認し、自身の健康状態を把握しておくことが重要です。」

インターナショナルSOSからのラマダン期間を健康的に過ごすためのアドバイスは以下の通りです。

  1. イフタール(断食明け)では適度な食事を取り、夜明けの断食が始まる前の食事では、必ず健康的な食事を取る。
  2. 24時間ごとに8時間の睡眠を取る。
  3. イフタール後の運動は2~3時間置いてから行い、ウォーキングなど軽い運動にとどめる。
  4. ラマダン前に、薬の服用や糖尿病など持病の管理方法については医師に相談する。
  5. 難易度の高い仕事は日中の早い時間帯に行うようにする。安全運転を心がける。

日の入り前の時間帯は、長時間に及ぶ断食で集中力が低下するため、普段以上に交通安全の意識を高める必要があります。交通事故は出張者や赴任者が海外で遭遇する危険のうち最も頻度の高いもののひとつです。毎年、世界中でおよそ135[1]万人が交通事故で死亡し、2,000~5,000万人が重軽傷を負っています。

リージョナルセキュリティディレクターのJulian Moroは、次のように語っています。

「ラマダン期間の交通渋滞は、渡航者にとっても現地の住人にとっても大きな懸念です。交通事故発生の割合は、人々がイフタールの食事のため家路へ急ぐ、日の入り時刻の近くにピークとなります。この時間帯は不要な路上の移動を避けるとともに、ドライバー、乗客、歩行者などいかなる立場であっても、路上を移動する際の交通安全にはくれぐれも注意し、安全策を取らなければなりません。」

交通事故の40[2]は仕事関連となっています。渡航者、管理者、その他関係者は、海外で働く社員が業務を遂行する上で遭遇する可能性がある危険について議論する必要があります。簡単な予防措置を講じることで、個人も雇用主も路上でのリスクを軽減することができます。



[1] Global status report on road safety 2018.Geneva: World Health Organization; 2018. Licence: CC BYNC-SA 3.0 IGO.
[2] Adminaite, D.J., et al. 2017., Tapping the potential for reducing work related road deaths and injuries.

 | 
Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム