インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

Geospark AnalyticsのAI技術でセキュリティインテリジェンス強化

医療と渡航安全の統合ソリューションを世界中のクライアントに提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役マーク・アタウェイ)は、セキュリティインテリジェンスとリスクマネジメントにおけるイノベーションを推し進める中、革新的な技術専門企業であるGeospark Analyticsとの提携を開始しました。Geospark Analyticsの新たな事象や傾向を監視・予測する人工知能技術と、インターナショナルSOSの業界最高峰のグローバル情報収集機能および現地専門家の知見を結集し、両社は戦略的パートナーシップにおいて緊密に連携します。

Geospark Analyticsの業界をリードするHyperion人工知能(AI)プラットフォームは、インターナショナルSOSの分析業務に不可欠な要素であり、渡航リスク対策を担う業界では唯一の施策となります。また、独自のソース情報および専門家による分析を補完する重要な手段となり、社員のリスクレベルおよびリスク軽減対策について渡航管理者および海外出張者・駐在員に直接、状況に応じたアドバイスを行います。

インターナショナルSOSのセキュリティサービス部門CEOであるDavid Johnsonは次のように述べています。「脅威とリスクはいついかなる場所でも発生し、また急速に変化することがあります。社員の生活に支障を来したり脅威となり得たりするかどうか、明確かつ正確な脅威・リスク評価を適時に行うことは、社員の安全確保および事業継続性の観点からも極めて重要です。Geospark Analyticsと協力することで、世界各国で時折生じる予期しないあるいは『予測できない』リスクを検知するために確立したプロセスをさらに強化し、必要に応じて企業や組織が人的リスクを特定、優先付け、管理し、全力で取り組めるよう支援します。当社のセキュリティスペシャリストはすでにHyperionを活用しており、各地で発生する事象を世界規模で特定および予測することで、より迅速に意思決定をサポートしています。」

Geospark Analyticsのクラウドコンピューティングアーキテクチャは日々、国、地域、都市レベルでセキュリティ環境に関する活動や安定性における無数の変化を推測しています。また、ニュース、ソーシャルメディア、画像、渡航警告、健康被害の警告、天候から得られるデータポイントを継続的に統合、学習、分析することで、世界の重大事象についての情報収集を行い、インターナショナルSOSのお客様への深い洞察、アドバイス、お客様の意思決定力を高めます。

Geospark Analyticsの創立者兼CEOであるOmar Balkissoon氏は次のように話しています。「専業企業によるAIプラットフォームがセキュリティおよび脅威空間に垂直的に統合されるようになり、インターナショナルSOSとそのセキュリティインテリジェンスおよび世界中のオペレーションセンターへHyperionの技術力をお届けできることを大変嬉しく思います。インターナショナルSOSの医療およびセキュリティ上のリスクに関する専門知識と、Hyperionの業界トップクラスのAI予測との統合は、AIを業務に取り込み、インターナショナルSOSの使命を遂行するための自然発生的なパートナーシップと言えます。私たちは同社チームの一員となり、90ヵ国を超える国々の安全とセキュリティに貢献できることを誇りに思います。」

インターナショナルSOSグループについて

インターナショナルSOSグループは、グローバルに働く社員を、健康と安全に対する脅威から守り、命を救うことに力を尽くします。多様な環境に合わせ、心身の健康と安全のためのリスクマネジメントソリューションを提供し、お客様の事業の成長と生産性の向上を支援します。私たちは異常気象、伝染病、治安事案の発生時などに迅速に対応し、安心を届けます。革新的な技術と医療と安全の専門知識によって、リスクの予防に取り組み、実際に活用できるリアルタイムの情報分析と、現場での質の高いアシスタンスサービスを提供します。グッド・ガバナンスに欠かせない法令遵守の報告に関しても、インターナショナルSOSとのパートナーシップは、安全配慮義務の履行の実現と、組織のビジネスレジリエンス、事業継続性およびサステナビリティの強化を助けます。

インターナショナルSOSグループは1985年に設立され、世界の政府機関、フォーチュングローバル 500の3分の2にあたる多国籍企業、中小企業、教育機関、NGOを含む11,000社を超えるお客様から信頼を寄せられています。 11,000名以上の医療、安全およびロジスティクスの専門家が、90ヵ国1,000ヵ所以上の地域で、95ヵ国語以上の言語と文化に対応し、 24時間365日、サポートを提供しています。

internationalsos.co.jp

Geospark Analyticsについて

Geospark Analytics(www.geospark.io)は、世界の重大事象を監視・記録し、クライアント企業がリスクに基づいて意思決定を行えるよう機械学習モデルを応用することを目的として2017年7月に設立されました。同社のAIプラットフォームHyperionは、世界で起こる新たな事象を機械的速度で特定および予測することでリスクを軽減し、脅威を認識し、機会を活用します。また、Hyperionを利用すれば、人力では処理しきれない量の情報を把握することができます。衛星、ソーシャルメディア、ニュース報道、IoTから得られるソースデータと、機械学習、人工知能、自然言語生成とを統合することで、情報に基づいた決断に必要な知見がもたらされます。米国バージニア州ハーンドンを拠点とするGeospark Analyticsは、Zero Gravity Capitalから資金提供を受け、現在はGeneral Catalystの支援を受けています。

 

 | 
Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム