インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

在宅勤務時、メンタルヘルスを良好に維持するためのルールは決めていますか? インターナショナルSOSとAffinity Health at Workからのアドバイス

20203 - 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、多くの企業や組織が、急遽無期限で従業員の在宅勤務を実施し始めています。これにより、個人およびビジネスに大きな混乱をもたらす可能性があります。従業員の中には、日常的または不規則的に在宅勤務経験のある人もいますが、新しい労働環境や社会的接触の欠如から孤立を感じる人もいます。 雇用主が情報を共有し、従業員を支援できるように、インターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役マーク・アタウェイ) Affinity Health at Workは既存のエビデンスに基づき、在宅勤務中のメンタルヘルスを良好に維持するための実践的な10つのアドバイスを概説しています。

Affinity Health at Workの登録職業心理学者兼ディレクターであるDr Rachel Lewisは、次のように述べています。「急速に在宅勤務は、大多数の労働者にとってスタンダードとなりました。週3日以上の在宅勤務をすることは、精神疾患の増加と関連することが多いので、従業員は職場環境の変化によって、サポートを要求する必要があることを認識することが重要です。在宅勤務によってもたらされる最も重大な心理的リスクの1つは、社会的孤立であり、多くの人が孤独や不安、恐怖を経験しています。 在宅勤務は、私たちの健康増進行動にも悪影響を与える可能性があります。これは身体の健康だけでなくメンタルヘルスを守ることも重要であることを示しています」。

インターナショナルSOSのリージョナルメディカルディレクターであるDr Laurent Taymansは、次のように話します。「現在、約数百万の人が在宅勤務をしており、自宅に家族がいる人もいれば、孤立している人もいます。この状況は労働者のメンタルヘルスに大きな脅威をもたらします。多くの場合、在宅勤務は数ヵ月間の予定です。またこれを機に、将来職場環境が大きく変化するかもしれません。 不安定なこの時期、そしてこれ以降、従業員と組織の双方が、離れた環境で仕事を管理する上での課題と利点を認識することは、モチベーションとビジネス目標を維持するための重要な原動力となります」。

 

在宅勤務時のメンタルヘルスを良好に維持するためのアドバイス 詳細はこちらから(英語)

 

1.  仕事をする場所を決める

2.  規則正しいルーティンを保つ

3.  業務の終了時間を明確にする

4.  心理的要因が身体的健康に及ぼす影響があることを考慮する

5.  コミュニケーションをとる

6.  できるだけ早く、業務の進め方について同僚と連絡を取り合う

7.  何気ない日常のコミュニケーションを優先する

8.  休息の時間を作る

9.  健康促進のために運動をする

10.ポジティブな情報に目を向ける

 

インターナショナルSOSでは、海外で働く社員の方に、有資格者によるカウンセリングを介してメンタルヘルスケアをサポートする「エモーショナルサポート 」をご提供しております。ご質問がございましたら、下記リンクよりお問合せ下さい。https://internationalsos.co.jp/contactus/index.html

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新情報については、こちら(英語/日本語)からご確認ください。

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム