インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

インターナショナルSOSが、インドから日系企業社員の国外退避をサポート

2020年5 - 渡航医療と安全の統合ソリューションを世界中のクライアントに提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役マーク・アタウェイ)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により、世界各地で出入国規制措置が取られている中、インドから日系企業社員の国外退避をサポートしました。

インドでの全国的な封鎖の開始前後から日系企業の渡航管理担当者は、現地渡航者の安全確保のため、感染状況や当局の規制に関する最新情報、現地渡航者へのアドバイス等を入手するため、弊社アシスタンスセンターへ定期的に連絡を取っていました。

インドでは3月25日から全国的な封鎖が行われ、不要不急の外出が禁止されると、すべての国内線フライト、鉄道などが運休し、州間の陸路移動についても規制されるようになりました。国際線の出入国便もすべて運休していたため、国外退避する手段は臨時便などに限られ、その離発着はデリーやムンバイなどの主要都市からのみと制限されていました。そのため、地方都市に滞在している渡航者は、母国に帰国することが非常に困難な状況でありました。

このような中、この日系企業が帰国のための臨時便チケットを確保したものの、渡航者の所在地からデリーまでの数百キロにわたる移動手段の確保ができないという相談が弊社アシスタンスセンターに入りました。弊社ロジスティクス、セキュリティ専門家との検討の結果、弊社のプロバイダーネットワークを通じて、渡航者の所在地からデリーまでの空路での国内移動の手配を開始しました。一方で、この日系企業に対しては、国内移動手配には当局からの許可が必要になるため、現地渡航者から在外公館に連絡を取り、支援を取り付ける必要がある旨のアドバイスを行いました。各種手配を進めていく中、新型コロナウイルス感染症の陰性証明書が急遽必要になるなど不測事態もありましたが、弊社のネットワークを通じて証明書発行可能な医療機関を紹介するなど、迅速な対応を行いました。

この日系企業(現地渡航者および管理者)、在外公館、および弊社アシスタンスセンターの3者間で綿密なコミュニケーションをとることで、臨時便出発日までに国内移動手配を行うことができ、渡航者は無事にデリーへと移動し、臨時便で日本へと退避をしました。

厳しい移動制限を行っているインド国内での移動やインドからの出国が可能になったのも、インターナショナルSOSの持つ全世界26カ所のアシスタンスセンター(24時間365日対応)、医療・セキュリティの専門家、約81,000社の認定プロバイダーとの密接な連携体制があるからなのです。それだけではなく、この日系企業の渡航管理担当者が、社員への安全配慮義務を遂行するために、非常に限られた時間の中で、迅速な意思決定を行い、インターナショナルSOSへの連絡や在外公館への連絡なども積極的に行った結果なのです。

インターナショナルSOSは、今後も海外で働く社員の方の安全と健康を守るためにサービスを提供し、グローバルにビジネスを展開している企業や組織が安全に事業を継続できるようにサポートし続けます。

 

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム