Blog on Duty of Care 海外における企業の安全配慮義務

各国の渡航リスクを網羅する「トラベルリスクマップ2016」を発行しました

map.jpg


国ごとに医療リスクと渡航リスクを評価し、わかりやすく色分け表示

「トラベルリスクマップ2016」は、国別の医療リスクと渡航リスクをひと目で把握することが出来ます。各国のリスク評価を5つのレベルに分類し色分け表示をしています。さらに、ひとつの国の中でも特にリスクレベルが高い地域には「リスクゾーン」の斜線表示も加えました。

同一国内でも異なるリスク評価になることも

インターナショナルSOSの分析によると、会員企業の海外出張の約3回に1回は自国より医療リスクや渡航リスクが高い国へ渡航していることがわかりました。また、世界中の約75%の国で医療リスクと渡航リスクのレベルが異なることも明らかになりました。

国ごとに異なるリスクレベルを企業や組織がすべて把握することは簡単なことではありません。しかし安全配慮義務の観点からも、医療と渡航リスクの両面を正しく理解し、適切な予防措置を取ることが非常に重要です。

「トラベルリスクマップ2016」は、駐在員や出張者のリスク軽減、予防措置など企業に求められる安全配慮義務遂行に活用することができます。

トラベルリスクマップ日本語版についてのお問い合わせはこちらまで
インタラクティブ版(英語)はこちら

Written by Matt Bradley

Regional Security Director Americas at International SOS

インターナショナルSOSは、海外で活躍される企業や
その社員の方々に医療とセキュリティのアシスタンスサービスを
提供しています。詳細は下記webサイトをご覧ください。
http://www.internationalsos.co.jp/

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care