インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

インターナショナルSOSは、業界をリードする安全配慮義務(Duty of Care)を履行するためのさらなるソリューションの提供に向けて、SAP® Concur® 社とのパートナーシップを提携

202011 - 世界中で働く従業員の健康と安全を支えるためのソリューションを全世界のクライアントに提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役 マーク・アタウェイ)は、従業員に対する堅固な安全配慮義務(Duty of Care)を履行するためのソリューションの導入が、組織のビジネスレジリエンスの強化において重要な役割を担うという認識が高まる中、SAP® Concur® 社とのパートナーシップを提携しました。これにより、SAP® Concur® 社が提供するコンプライアンス、出張および予約管理ソリューションは、インターナショナルSOSが提供する各種サービス(リアルタイムトラッキング、健康と安全に関する正確な情報提供およびアラートの配信、24時間365日対応のグローバルアシスタンスサービス)とあわせて、すべての出張予約データの連携が今後可能になります。

インターナショナルSOSのグローバルアライアンス & パートナーシップ部門グループ・バイス・プレジデントであるサリー・ワンは、今回のパートナーシップ提携について次のように述べています。「この度の提携は大変喜ばしいことです。業務再開を進めるにあたり、すでに多くの組織や団体の皆様から、弊社が全世界で提供する健康と安全に関するアドバイスやアシスタンスサービスについてのお問い合わせをいただいております。弊社が19年間に渡り培ってきた、緊急時における従業員の所在地トラッキング技術と組み合わせることで、従業員に対する堅固な安全配慮義務(Duty of Care)を履行するためのソリューションを提供できると考えております」

今回の提携により、APIを介してSAP® Concur® 社が保有するデータの統合を行う予定です。SAP® Concur® 社の各種ソリューション「Concur® Travel、Concur® TripLink、TripIt® 、Concur® Request」から取得したすべての出張データが、インターナショナルSOSのシステムに提供されることになります。これによって、お客様は、インターナショナルSOSが提供するエマージェンシー自動チェックイン機能から取得したリアルタイムの位置情報が反映された幅広い出張予約データにアクセスできるようになります。さらに、そのデータからは、危機発生時において影響を受ける可能性のある従業員や、実際に危機に直面している従業員も一目で確認できるようになります。

 

 | 
Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム