インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

世界初となる複数のCOVID-19重症患者の医療搬送を手配

2021年5月 - 世界中で働く従業員の健康と安全を支えるためのソリューションを全世界のクライアントに提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役 マーク・アタウェイ)は、2021年3月4日、レユニオン島からパリへ、4名のCOVID-19重症患者の非常に複雑な医療搬送を手配しました。このミッションはフランス保健省から委託され、SAMUと呼ばれるフランスの救急医療サービス、地域保健局、エールオーストラル、パリ空港と共同で実施されました。複数のCOVID-19重症患者がこのような長距離飛行で同時に医療搬送されたのは、これが世界初となります。

「私たちにとって、1、2名の重症患者の医療搬送は日常のうちです。今回のシチュエーションは非常に特殊でより複雑でした。4名の患者全員が意識不明で、挿管され人工呼吸器をつけた状態だったのです。医療搬送はパンデミック時にとりわけ複雑になりますが、今回は一段と複雑で、より高度なケアと調整が求められました。私たちの専門知識が必要とされたこと、また患者を安全に医療搬送したチームの一員であったことを誇りに思います。」インターナショナルSOSのリージョナル・メディカル・ディレクター、Arnaud Derossi医師はこのように述べました。

医療搬送の詳細

- COVID-19重症患者:4名
- 重症患者をケアするために搭乗した医療スタッフ:20名
- 医療機器:1トン
- 航空保安規定に合わせて調整された酸素:4万リットル

チャーターされたエールオーストラルボーイング787は、2021年3月4日(木)の現地時間21:33(パリ時間18:33)にレユニオン島を離陸し、11時間のフライトを経て2021年3月5日(金)の現地時間5:15にシャルルドゴール空港に着陸しました。エールオーストラルが担架に乗せた複数の患者と大量の酸素を積み込むには、民間航空に対する規制の免除が必要でした。

Photo from global site.PNG


このミッションにはパリとレユニオン島からSAMUが動員され、ICUドクター5名、ICU看護師5名、救急救命士7名、ロジスティクスの専門家1名が参加しました。インターナショナルSOSはフライトナースとロジスティクスの専門家を派遣し、各チームのサポートや乗務員とパリのインターナショナルSOSアシスタンスセンターとの連携を行いました。

インターナショナルSOSのアシスタンスセンターの役割は、保健省の危機管理センターの監督のもと、SAMU、空港、航空機と連携し、すべての要件を計画・管理することでした。また、重要な役割として、テクニカルな問題発生時に航空機が迂回する事態になった場合、迅速に対応し、地上での患者のサポートを準備することを担っていました。患者の容態が重症だったため、携帯型血液分析装置、超音波装置、2台のECMO装置(体外式膜型人工肺)、バックアップ人工呼吸器などの高度な医療機器が機内に搭載・設置されました。これらの医療機器は1トンにもなり、患者1名につき9,500リットルの酸素とともに積み込まれました。

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム