インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

インターナショナルSOSが、オーストラリア政府とパプアニューギニア政府によるパプアニューギニアでのワクチン接種プログラムの実施をサポート

2021年6月 - オーストラリア政府とパプアニューギニア政府は、パプアニューギニアにおいて極めて重要となるCOVID-19ワクチンロールアウトを開始しました。それに伴い、インターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役 マーク・アタウェイ)は、自社で用意している豊富な医療や保健関連物資を活用して、COVID-19ワクチンロールアウトの実施をサポートしました。

COVID-19の蔓延を防ぐためには、世界中でワクチンを無料で接種できることが不可欠です。

現在アジア太平洋地域において、パプアニューギニアがワクチン接種の重要性が最も高い国となっています。オーストラリア政府はパプアニューギニア政府と協力し、COVID-19ワクチンの安全な提供を支援しています。まずは2021年3月下旬よりポートモレスビーで医療に従事するエッセンシャルワーカーを対象に、パプアニューギニアでのワクチン接種プログラムが開始されました。

インターナショナルSOSは、そのワクチン接種プログラムの実施を主導する役割を任されました。それはとても重要な任務でしたが、そのサービスを請け負うのに適任でした。なぜならインターナショナルSOSは、パプアニューギニアで約28年ビジネスの実績があり、また400名以上のパプアニューギニア人の医療従事者を雇用し、民間医療サービスを提供する最大手の一企業と認識されているからです。

インターナショナルSOSは、世界各地の困難な環境下で大規模なワクチンプログラムを実施してきました。弊社のワクチンプログラムは、公衆衛生、ワクチンの安全性、品質保証の分野で豊富な経験を持つ医療専門家によって臨床的に主導されています。

インターナショナルSOSのリージョナル・ジェネラル・マネージャーであるイアン・ギルバートは次のように述べています。「私たちは、この非常に重要かつ歴史の最前線を行くワクチンプログラムのサポートに注力しています。この任務を私たちに任せてくれた外務貿易省とオーストラリア政府に感謝します。私たちは、ワクチンロールアウトを成功させ、このウイルスを封じ込めるための二国間および世界的な取り組みを支援することに全力を注ぎます」。

「現地にいる私達の優秀な医療・保健の専門チームがこのプログラムを主導します。ワクチンを投与する人たちへのトレーニングも開始されました。弊社のパプアニューギニア人スタッフも、これは国家的に非常に重要で意義のあるプログラムだと感じています。パプアニューギニア政府にも感謝しています。私たちは何十年にもわたって保健分野のリーダーや政策立案者と協力してきましたが、この重要な時期に一歩前進することができ大変嬉しく思っています」。

インターナショナルSOSのプロジェクト・クリニカル・ディレクターであるダンカン・ドブナバ医師は次のように話します。「オーストラリア政府はパプアニューギニアに対し、初期段階から個人用防護具(PPE)の供給を支援してきました。このたびワクチンの支援にも乗り出してくれたことは、賞賛に値します」。

2021年1月、インターナショナルSOSは、オーストラリア国内でのCOVID-19ワクチン接種プログラム実施においてオーストラリア政府を支援する任務を任されました。
契約上の要件から、インターナショナルSOSの医師と医療チームはインタビューを行っておりません。

報道関係者の方からのお問い合わせは、media@dfat.gov.au までお願いします。

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム