インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

会員様限定公開:7/15(木) 緊急ライブウェビナーご案内『インドネシアのCOVID-19状況の現状から考える医療と渡航リスク』

現在インドネシアにおいて、COVID-19の感染が急拡大しており、医療状況は非常に逼迫しています。弊社でもインドネシアに赴任されている方からの問い合わせへのサポートやCOVID-19陽性者の方へのサポートを行っております。

このような状況を受け、急遽、インドネシアに滞在することによる医療リスクや、これから渡航することによるリスク、またそれらのリスクをどのように回避していけばよいのかを弊社の医師とセキュリティの専門家よりお話しさせていただきます。

ぜひこの機会にウェビナーにご参加いただき、インドネシアでの安全な事業継続計画にお役立ていただけましたら幸いです。

2021年7月15日(木)
14:30~15:00(日本時間)(会員様限定公開)

(ご参加登録締切日:7月13日(火))

※会員様限定公開となります。ご参加ご登録には会員番号のご記入をお願いします。

内容:
インドネシアでのCOVID-19状況
逼迫状況下におけるインターナショナルSOSからのサポート
インドネシアからの医療搬送の実例紹介
医療面におけるボトルネック
渡航規制

インターナショナルSOSスピーカー
メディカル・ディレクター 葵佳宏 医師
救急、麻酔、集中治療の専門医として首都圏の総合病院に勤務後、沖縄県ドクターヘリのフライトドクターとして、2011年から救急医療、総合診療に従事する。2014年より東南アジア屈指の医療ハブであるシンガポールに移住し、インターナショナルSOS本社にて医療搬送、メディカルアドバイザー業務および在外邦人の健康相談に携わる。2016年より現職。日本語の他、英語、中国語が堪能。

セキュリティ・マネジャー、ジャパン 山本 真智子
ボストン大学 犯罪司法修士、カリフォルニア大学 リバーサイド校エクステンション プログラムにて犯罪情報分析・犯罪科学捜査の資格を取得。 米国では、女性の安全または健康のための支援機関や、リバーサイド郡 保安官 犯罪分析室での勤務経験、日本では、大学での教員、リスクコンサルティング、ビジネスデューデリジェンスの勤務経験を有する。インターナショナルSOSでは、セキュリティ・マネジャーとして、渡航アドバイス等を行っている。取得資格:公認不正検査士、Certified Professional Criminal Investigator (CPCI)


ご参加ご登録はこちらから:
お申し込みは終了いたしました。

 

会員様限定公開となります。サービスご利用を検討されているお客様および同業他社様にはご参加をご遠慮いただいております。大変申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

※この録画ウェビナーは「Go To Webinar」を使用して開催いたします。
事前にPCの環境設定状況等を必ずご確認下さい。詳細は、下記PDFをご確認いただき、接続がうまく行われない場合には、貴組織のITご担当者にご確認をお願いいたします。
Go To Webinar ご利用ガイド

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム