インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

インターナショナルSOSは、ライブウェビナー『COVID-19影響下の医療と安全面におけるリスク管理のあり方 -2022年留意するポイント-』を2/1(火)に開催

20211 - 世界中で働く従業員の健康と安全を支えるためのソリューションを全世界のクライアントに提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役 マーク・アタウェイ)は、ライブウェビナー『COVID-19影響下の医療と安全面におけるリスク管理のあり方 -2022年留意するポイント-』を2/1(火)に開催します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が確認されてから、約2年が経過しました。オミクロン株の感染が全世界で拡大しており、いまだ収束の見通しは立っていない状況です。

COVID-19の感染拡大は、組織にとって従業員の健康と安全対策を講じながら、生産性は損なわずに、どのようにして安全に事業を継続していくのかを再考するきっかけになりました。刻々と変化するCOVID-19の感染状況、自然災害、テロ、暴動など予測不可能な状況下において、迅速に従業員の健康と安全対策を講じていくことが、安全配慮義務の観点からますます必須となっています。

このウェビナーでは、昨年9月~10月に実施したアンケート「リスク展望2022 」の結果をご紹介し、医療と安全面のリスク管理について、弊社の医師とセキュリティの専門家よりお話しさせていただきます。

ぜひこの機会にウェビナーにご参加いただき、COVID-19影響下における安全な事業継続計画にお役立ていただけましたら幸いです。

内容:
1
 ●アンケート「リスク展望2022 の調査結果のご紹介
 ●インターナショナルSOSリスクマップ2022の変更点
 ●医療搬送の相違点と留意点(2021年と比較して)
 ●
メンタルヘルス(ケーススタディご紹介)

2(会員様限定公開)
 ●COVID-19ワクチンの最新知見
 ●アジア地域の医療状況
 ●注目すべきセキュリティリスク(ミャンマー・台湾)

一部内容が変更となる場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

対象者:
人事担当者および責任者、HSE(健康・安全・環境)の担当者および責任者、事業継続計画の担当者および責任者
※同業他社、個人の方にはご参加をご遠慮いただいております。大変申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

参加費:
無料

インターナショナル
SOSスピーカー
メディカル・ディレクター 葵佳宏 医師
救急、麻酔、集中治療の専門医として首都圏の総合病院に勤務後、沖縄県ドクターヘリのフライトドクターとして、2011年から救急医療、総合診療に従事する。2014年より東南アジア屈指の医療ハブであるシンガポールに移住し、インターナショナルSOS本社にて医療搬送、メディカルアドバイザー業務および在外邦人の健康相談に携わる。2016年より現職。日本語の他、英語、中国語が堪能。

セキュリティ・ディレクター、ノースアジア 黒木 康正
防衛大学校卒、英国ロンドン大学戦争学修士、米空軍航空情報幹部課程履修。
航空自衛隊で主に情報幹部として勤務し、新潟中越地震災害へ派遣。インターナショナルSOSでは、リスクマネジメントのスペシャリストとして、日本企業向けのコンサルティングや研修を数多く提供。

セキュリティ・マネジャー、ジャパン 生駒
早稲田大学国際教養学科卒業後、タイバンコクにある国際機関でASEANのマクロ経済に関するリサーチ業務に携わる。当社セキュリティ部門にて、主に海外展開する日本顧客企業に対して、安全管理に関するアドバイス、並びに退避計画の作成や海外安全管理規程の作成支援に関するコンサルティング業務サービスを提供し、活躍中。

ご参加お申込み:

弊社サービスのご利用をご検討のお客様

※お申し込みは終了いたしました。

開催日時:
202221日(火)
13301400(日本時間)

※先着500名様限定
※ご参加お申込み締め切り日:2022年1月28日(金)

※当日のウェビナーは1部、2部制となっており、弊社サービスをご検討中のお客様は、第1部のみのご参加となります。第2部は会員様限定公開となりますのでご了承くださいますようお願い申し上げます。

※第1部のみのウェビナー(13:30-14:00)は「Zoom」を使用して開催いたします。
事前にPCの環境設定状況等を必ずご確認下さい。詳細は、下記リンクをご確認いただき、接続がうまく行われない場合には、貴組織のITご担当者にご確認をお願いいたします。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115004954946

弊社会員のお客様

※お申し込みは終了いたしました。

開催日時:
202221日(火)
13301500(日本時間)

※ご参加お申込み締め切り日:2022年1月28日(金)

※弊社会員様向けのウェビナー(13:30~15:00)は「Go to Webinar」を使用して開催いたします。
事前にPCの環境設定状況等を必ずご確認下さい。接続がうまく行われない場合には、貴組織のITご担当者にご確認をお願いいたします。
https://support.goto.com/webinar


International SOS logo_white.PNG
インターナショナルSOSグループについて
インターナショナルSOSグループは、世界中で働く従業員を、健康と安全に対する脅威から守り、命を救うことに力を尽くします。多様な環境に合わせ、心身の健康と安全のためのリスクマネジメントソリューションを提供し、お客様の事業の成長と生産性の向上を支援します。私たちは異常気象、伝染病、治安事案の発生時などに迅速に対応し、安心を届けます。革新的な技術と医療と安全の専門知識によって、リスクの予防に取り組み、実際に活用できるリアルタイムの情報分析と、現場での質の高いアシスタンスサービスを提供します。グッド・ガバナンスに欠かせない法令遵守の報告に関しても、インターナショナルSOSとのパートナーシップは、安全配慮義務の履行の実現と、組織のビジネスレジリエンス、事業継続性およびサステナビリティの強化を助けます。
インターナショナルSOSグループは1985年に設立され、世界の政府機関、フォーチュングローバル 500の約3分の2にあたる多国籍企業、中小企業、教育機関、NGOを含む12,000社を超えるお客様から信頼を寄せられています。 12,000名以上の医療、安全およびロジスティクスの専門家が、90ヵ国1,000ヵ所以上の地域で、100ヵ国語以上の言語と文化に対応し、 24時間365日、サポートを提供しています。
http://www.internationalsos.co.jp

<本件に関するお問合せ先>
インターナショナルSOSジャパン株式会社 広報担当:花島(はなしま)
 住所:〒107-0052 港区赤坂4丁目2番6 住友不動産新赤坂ビル11階
 電話:03-3560-8400
Email:TokyoSales@internationalsos.com
website:http://www.internationalsos.co.jp

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム