インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。

お知らせ

ウクライナの状況について : ウクライナと国境を接する国に滞在している従業員の方をサポートします

ウクライナの現状は、全国的に戒厳令が導入されるなど、依然として流動性の高い状況が続いています。

弊社では、弊社の会員の皆様がアクセスできる特設サイト「Ukraine Crisis」をご用意させていただきました。この特設サイトでは、最新の評価、分析、未来を見据えたアドバイスやガイダンスなどの情報取得、ウェビナーへのご参加登録および過去に開催されたウェビナーの録画ビデオをご視聴いただけます。随時情報をアップデートしておりますので、ぜひご活用ください。

特設サイト「Ukraine Crisis」はこちらから(会員番号をご入力ください)

ウクライナで事業を展開されているお客様へ、以下、アドバイスをさせていただきます。

  •  戦闘行為が行われている地域から移動する機会と能力があり、移動中の自活(食料、水、医薬品、燃料の入手)が可能な方は、できるだけ早く移動してください。移動には、安全保障環境、長時間の移動、天候、限られた支援の利用、宿泊施設や必需品の高い需要などの理由から、大きなリスクが伴うことも留意してください。

  • 進行中の武力衝突、空襲、砲撃が行われている場所の近くにいる場合、または空襲のサイレンが鳴った場合はその場に避難し、可能な限り早く移動できるように準備してください。

  • 移動できない方は、支援の可能性が限られた場所で、長期間避難する準備をしてください。ただし、数週間から数ヶ月にわたって包囲された地域に留まることは、無差別の軍事的標的、インフラの損傷、必要物資の不足、公共サービスの停止などの可能性と影響が増すため、深刻なリスクをもたらすことになります。

  • 公式発表を常に確認してください。緊急時の対応を含め、公式発表の指示に従ってください。

  • インターナショナルSOSのアラート、在外公館、現地の連絡先など、確認済の確実な情報源から最新の状況を常に入手してください。未確認の情報には従わないようにしてください。

緊急のサポートが必要な会員の皆様におかれましては、東京アシスタンスセンター(+81-3-3560-7170)もしくは最寄りのアシスタンスセンター(24時間365日)へご連絡ください。

また、インターナショナルSOSがどのようにお客様をサポートできるかをお知りになりたい場合には、こちらからご連絡ください。

以下ご参考資料としてご用意しておりますのでご覧ください。

<4/30更新> ポッドキャスト:ウクライナ状況(時間:約10分)(英語)

インターナショナルSOSのリージョナル・セキュリティ・ディレクターが、ウクライナ状況や、組織がどのような点に留意し事業を継続すればよいかなどを解説しています。

https://www.internationalsos.com/podcast

ウクライナ状況:よくある質問(英語)
お客様から寄せられるよくある質問をまとめています。
※ブラウザー翻訳をご利用いただきご覧ください。
https://www.internationalsos.com/insights/frequently-asked-questions-ukraine-situation

 

 

Blog on Duty of Care ~ 海外における企業の安全配慮義務ブログ ~ Duty of Careとは? Blog on Duty of Care 世界各国の医療リスクを5段階に格付けしたマップHealth Risk Map 2015 会員専用アシスタンスアプリ 日本語が通じるクリニック 中国 インドネシア カンボジア ベトナム